髙橋瞳

Takahashi Hitomi art works

 

わたしの場所はひとつにここにあるような気がする。

 

そんな直感をなんとなくでもいいから

手に取り、ゆだね、片隅に据えてみる。

なんでそう思うのだろう、でも、確かな気もする何か。

 

を手繰り、間接技法による長い製作期間という旅の中で

その過程より見いだせる澄んだ想いの何かに出逢うため

描いて、対峙して、染めて、対峙しています。

 

旅の終わりに自分が少し変わった気がする

そんな感覚を求めて。

 

 

 

I look into, commend my spirit to, and stay alongside the vague intuition,

which is one of the roots of my existence is here.

I haul something that seems somehow absolute to me out of the abyss.

In the midst of the long term of fabrication by the indirect technique,

I just paint, meditate, dye, and face myself in order to find a dew condensation of my thought.

I always await the vicissitude remaining after the journey.